お盆に1歳9か月の息子を連れて横浜のアンパンマンミュージアムに行ってきました

お盆に1歳9か月の息子を連れて横浜のアンパンマンミュージアムに行ってきました

Ciao!イタリア人建築士兼フォトグラファーえぬちゃんと、1歳9か月の可愛いおしゃべり息子、ぴこちゃんと暮らす日本人妻、YUです。あれっ岩手の旅行は3泊だったのでは…と、読んでくださっている方は思われるかもしれません。が、3日目にすでにレンタカーは返していたので盛岡周辺を散策したりした最終日。なんとか城跡に入ったものの、材木通りもすべてお盆お休み!道行くマダムに朝ご飯を食べれるカフェとかはあるかお伺いし、

(マダム)「食堂も閉まってるしここら辺はね~、この裏にローソンがあってなんでもそろいますよ。」にこっ

とおすすめされたくらい何もなく。ホテルの人に聞いたパン屋さんは開いていて、アンパンマンのパンがあってぴこちゃんが大興奮してくれた位でした。

ちなみにあんぱんだと思ったアンパンマンはチョコパンで、ぴこちゃん人生初のチョコを食しました。アンパンマンって可愛い。ママももう大ファンです。

さて、最終日は6行ほど(うち3行はアンパンマンについてですが)で終わるほど何もない1日でした。えぬちゃんが毎分「Nothing」「Nothing!!」と叫んでいたので、ぴこちゃんも「なっしん!」と覚えました。イタリア語で教えればよかった!繰り返すと覚えますね~

お盆真っ只中のアンパンマンミュージアムへ

Nothingな岩手での最終日、風邪をひいてしまったえぬちゃん。夏のレジャーだー!と言って私の妹と一緒に出掛ける予定が、無理になってしまったので私の妹、ぴこちゃんと3人でアンパンマンミュージアムへ行くことに。保育園にリニューアルのチラシがあり、アンパンマンを見つけて大興奮でそのチラシがぐっしゃぐしゃになるまで数か月間、大切にチラシで遊んでいたぴこちゃん。もちろん連れていく気もりもりだったのですが、「1歳からもう大人と同じ入場料(2200円)とるなんてなんていう搾取だ!アンパンマンビジネス恐るべし!といって絶対だめだといわれてひたすらチラシで遊び続けて不憫。可愛い。

混んでること請け合いのお盆ですが、えぬちゃんもいないので行くことに!やったねぴこちゃん!ママもうれしいよ!

最寄り駅の新高島駅ではアンパンマンがお出迎え

12:00に妹と新高島駅で待ち合わせ。横浜駅の混み具合を想像していましたが、1つ違う駅のひっそりとしたきれな新高島駅。シーンとして人も少ないです。改札前には、出口を説明するアンパンマンが!

(ぴこ)「アンパンマン!」

すでに大興奮です。もちろん記念写真を撮ります。アンパンマンから目が離せなくて全然写真が撮れない。そしてその横には記念撮影用の壁紙が!みんなここで記念撮影している様子。

さすがアンパンマンミュージアムによって稼いでるであろう新高島駅、憎い演出です。さてさてテンションはすでに高まっていましたが、アンパンマンミュージアムのレストランは確実に混んでいる&高いと思い、自分は先にコンビニで腹ごしらえをしたきから現地集合で、と妹に伝えてエレベーターで上に。

炎天下の中、帽子もかぶらず真っ黒に焼けたおばあちゃんがアンパンマンミュージアムスタッフとして道行く人にアンパンマンミュージアムへの行き方を説明してました。ご苦労様です…でも帽子はかぶらせてあげてほしい!

エレベーターを出てすぐの交差点を渡って右に曲がると大きなアンパンマンが!2階建ての家とまではいかないですがとっても大きい!この前での記念撮影のためスタッフの人が小麦色の笑顔で待っていました。ここでもお姉さんは帽子無しで、ミュージアムに入る前から10組くらいの列が。すいすい進んで10分くらいで自分たちの番に。

4時くらいまでスタッフの人がいてくれるらしいです。って、ここまで全然コンビニがない!飲み物はもってきたものの、小腹を満たすものを何もゲットできずでした。そこに並んでいると、入り口と間違うくらいの長ーい行列がジャムおじさんのパン工房へ。ショップ、パン屋さん、レストランはチケットを買わなくても入れるのです。ショップのところでもショーをやるので、口述しますがもはや中に入らなくても十分楽しめる…でも夏は暑いですからね。

スロープを進み、アンパンマンの可愛いくるくるイラストを横目にチケットを購入。2回目になりますが、1歳から2200円です!なんてこった!まあ、アンパンマンは年齢層が低いぴこちゃんくらいがメインターゲットとは思うのですが、すごいですよね。

ピコちゃん憧れのアンパンマンミュージアムに入る

中は、人でいっぱい!でも子供なので、遊ぶところは混みつつもぎりぎり遊べるくらいです。年齢層が下の子をターゲットにしているからか、イラストが描かれた家だったり、

ちょっとしたボタン、ボールプールなどがメイン。

たまにアンパンマン達が会いに来てくれるのですが、1日で全キャラクターに会えました!最初に現れたのはカレーパンマン。ぴこちゃん、いつもほっぺぷにーっとのばして物まねをするほど大好きなので、いざ近づくと

(ぴこ)「こわーい!こあーい!あっち!あっち!ばいばーい!」

ギャン泣きと2ショットをとれないほど大暴れ。思ったより大きいからか?みんなに優しくかがんで対応してくれてるのに、残念。とっても怖がるのでとりあえずアンパンマン達のバランスボール(ショップでも売ってる)で遊べる外のエリアに。暑い。小さな丘もあるところで、やわらかいバランスボールをうれしそうにポンポン投げて遊びました。

少し大きなお兄ちゃん、お姉ちゃんも遊んでるので、激しく投げたり取り上げられたりもして繊細なぴこちゃんはびくっとこわがり泣きそうな顔をしてもすぐに次のボールをゲットして楽しそうでした。これ、児童館的につかったらいいなぁ、というかコキンちゃんのボール可愛いからほしい…とおもったものの、4000円位した+かなり大きいので買うのは断念。結構暑くて熱中症が気になったのでご飯を食べることに。みちすがら、同じエリアにばいきんまんの乗っている宇宙船にのれるおもちゃや、チーズの宇宙船?のようなものがあってなんともSNS映えしそうな。可愛いので写真を撮ろうとするも、

(ぴこ)「こわい!こあい!あっちあっち!」

と猛烈拒否。全部怖いやないか!これはキャラクターも描いてないのに何が怖いんだろう。謎です。

レストラン、フードコートは長蛇の列

アンパンミュージアムの再入場のスタンプを大人に押してもらい、チケットなしでも入れる1階のレストラン、フードコート、お土産屋さんが集まるエリアへ。ぴこちゃんはおなかがすいて不機嫌モード。なのに、レストランは4時間待ち!

フードコートも軽く30組は並んでいます。これは営業終了後。

比較的すいているソフトクリーム屋さんがあったので、アイス大好きピコちゃんをなだめようと並びました。スーベニアカップももらえるし!ということで10分ほど待つのですが・・・1歳児と二人で行列にじっと待つって至難の業。列から離れられないし。ありがたいことにフードコートの列には妹に並んでもらいましたが、これは大人一人だと無理ですね。

アイスの列で待っているとき、いやだいやだとマグロのごとく大暴れのぴこちゃん。ベビーカーを入り口に預けてきたので荷物をいろいろ持っていることもあり、もう大変!地獄!誰か助けてって感じだけど皆子供をなだめて戦っている・・・!上には可愛いキャラクターがいるのに見向きもしません。

半べそ状態でようやく順番がきたので、スーベニアカップ付きのものと普通のソフトクリームをゲット。それが大失敗。

おいしいので良いのですが、ポルバンというヒップシートタイプの抱っこ紐にワンショルダーのひも。つまりぴこちゃんは完全に抱っこ紐に固定されているわけではなく、軽く支えないと落ちちゃう、というか大暴れされると落ちちゃう!ソフトクリームは落ちちゃいそうになるしこぼれそうになるし、妹は行列が長すぎて探すことは不可能。受付のテーブルを拝借して片方を何とか食べきりました。

ようやく妹と合流したところ、スタッフの方の素晴らしい案内&おとなしく座っているわけがない子供連れの回転率の高さで、あっという間に順番が。お土産の予算を決められていた私たちは、なんとかスーベニア系でぴこちゃんにアンパンマングッズを!ということで、パズル付きのカレーパンマンのカレーライス、

どんぶり付きのこどもうどん、

お皿付きのベビーカステラ

を注文。もうちっさい!ちっさい!サイズが!でも全部子供が食べられる味付けで、ベビーカステラってなんで?とおもってましたがピコちゃんはおいしく食べてました。そういえば子供ってカステラ好きですよね。うどんも小さいながらに本格的に讃岐うどんでおいしかったです。お持ち帰りの食器を手に入れてご機嫌な私。

どんぶり。

お皿。

マグカップ。うふふ

狙っていたショーも始まるのでミュージアムに再入場しました。広場であと45分ほどで始まるショー。多くのお父さんたちが場所取りをしていました。ぴこちゃんに場所取りなんて神のような芸当に付き合うことはできないので、妹と一緒にすぐ横のボールプールに遊びに行ってもらい、私が場所取りをすることに。ボールプールでは全力で遊び、楽しくお友達もできた様子。妹はなんでもいいよ~と付き合ってくれるタイプなので、確実に疲れているのにそんな素振り出さず全力で遊んでくれて、すっかりぴこちゃんも名前をマスターして仲良しに。よかったよかった、そしてめちゃ助かる!

開始10分前くらいになると人も増えて、スタッフさんも整理のため声掛け。

(スタッフ)「席取りをしている皆さん。少しでも隙間があると子供たちが入り込んできてしまいご家族が座れなくなる可能性があるので、できるだけ詰めて、場所はきちんと確保してください!」

なんて斬新で的確でこどもをわかっているアナウンス。すかさず私も隙間だらけにおいていた荷物をきちんと敷き詰めました。5分前にはものすごい人になってきたので、電話で戻ってくるように妹に電話。ぴこちゃん、今日一度もお昼寝をせずにもう15:00。寝ちゃうかな~ショーが開始すると、お姉さんとジャムおじさん、バタコさんが登場!ピコちゃんくぎ付け。。しばらくしてアンパンマンが登場!スーパースター…会場中で響き渡る歓声…!ぴこちゃんも小声で応援しつつ、羨望のまなざし。可愛い。

歌ったり踊ったり、踊ってパチパチして話は進み、バイキンマンが登場!もちろん悪いことをして、仲間の暗闇マン?という大きなモンスターを召喚。これがなんとも怖くてぴこちゃんはもちろん、子供たち大号泣!怖い怖いと大騒ぎ!そしてアンパンマンの新しい顔が宙を舞い、元気百倍なアンパンマンが登場。かっこいい!

(ぴこ)「あんっぱんっまーああああああああん!!!!!」

心の叫び。超かわいい。お尻フリフリ、お手てぱちぱちでさっきまでのギャン泣きが嘘のようにたのしそうでした。映画もそうでしたが、大人の百倍全力で楽しんでくれて、すべての疲れも吹き飛びます。ありがとうアンパンマン、それいけアンパンマン…。

選びきれないお土産選び

全力で楽しんだ後は、1階でアンパンマングッズのお土産選び!洋服系のお店、お土産全般、

オリジナルグッズ、

女の子向けショップ、写真館、本屋さん、

カーニバル(縁日みたいな)

と種類ごとに集まっています。洋服売り場で可愛いアンパンマンのリュックを発見。さっそくぴこちゃんにしょわせる妹。

(ぴこ)「アンパンマン!ばっくっく~!」

超絶お気に入りでそのまま外へ逃げようとします。

値段を見ると5000円強。たっか。さりげなく取ろうとしてもギャン泣き。走って逃げるぴこちゃん。

(ぴこ)「ま~い~(妹)!ばっくっく!」

おねだりする賢いぴこちゃん。そしてしつこい。買わないのが犯罪みたいな目線で妹をにらみます。

(妹)「え~?買うの~?誕生日プレゼントね、これね」

まんまと交渉成立させるぴこちゃん。しかしカードを置いてきたので後で帰ってくることに。この洋服売り場、靴下なども売っているのですが、足首にチーズがくる靴下をピコちゃんが発見し、欲しいほしいというのですが売り切れ。ネットでも売ってないし残念。。ただ、前述のリュックはネットで1500円くらいで売ってました。同じものなのかしら。見た目おなじだけど。

隣のお土産全般が売っている売り場では、傘がお気に召した様子。でも絶対傘なんて差させて歩かせられないし、だったらレインコートのほうが使える…ということで傘を取り上げても、遠くに連れて行ってもギャン泣き→傘の元へ爆走→傘ゲット→離さない→取り上げる→…エンドレス。最終的に次のお店まで逃げて忘れさせました。なぜ子供って傘が好きなのか?そしてオリジナルショップで、リュックに無料で刺しゅうをしてもらえて、好きなワッペンもはってもらえるというサービスが!

かわいい!名前入り!ということで、妹が買ってくれました。デニムのリュックにぴこちゃんの名前をローマ字で刺しゅうしてもらい、ぴこちゃんのイニシャルにアンパンマンがついたワッペンと、チーズの小さなワッペンをつけてもらいました。可愛い…可愛い…可愛い…ここに来たからこその素敵リュックで、大満足!妹、ありがとう…!

完成まで40分ほどかかるということだったので、本屋さんにも。まだ私がピコちゃんに買うお土産を決めかねていたのですが、絵本と、限定のエコバックを本屋さんで買いました。保育園の通園バッグを入れるバッグが欲しかったので、軽くて丈夫なエコバックで大満足でした。可愛い。

まだ時間があったので、ジャムおじさんのパン工房に並んでみるも…30人以上は人が並んでいるのにほとんどのパンが売り切れ。すこしのしょくぱんまん、焼き続けられるアンパンマンなど。パン、高いし、昨日アンパンマンのパン(偽物)食べたしいっか!ということで早々にあきらめました。だからみんな入場する前に並んで買ってたんですね~すごくかわいいパンだからいろんな種類を買っていったらすごく楽しそう…そしてとてつもなく可愛いリュックが完成し、2階のベビーカー置き場からベビーカーをもって1階のトイレへ。

ベビールームでおむつを替えました。寝っ転がったときにみえるようにキャラクターがいたりと、とってもきれいで広くて可愛いお部屋。

おむつも捨てられます。トイレもとってもかわいいしきれいです。

このアンパンマンミュージアムにおいてあるごみ箱は種類ごとにキャラクターがついてるので、「これアンパンマンのところに捨ててきて~」などとお願いできるので良いですね。

(妹)「ぴこちゃん、このペットボトルをドキンちゃんのところにポイしてきて~」

(ぴこ)「ん!ぽい!」とことことこ ぽいっ!

見事にアンパンマンに入れました。大好きだもんね。最後に受付の前のアンパンミュージアムの文字の前で写真を撮って、大満足で後にしました~!

アンパンマンミュージアムで気を付けるポイント

・アンパンマンミュージアムには自販機がないので飲み物は必ず持参。フードコートなどで買うにしても並ばないといけなく、冷水器を探すのにも時間もかかるので子供は確実にぐずるし夏は危険。

・ジャムおじさんのパン工場は入場前に誰かが並んで買っておく。じゃないとすぐなくなります。・アンパンマンレストランに行きたい場合は最初に整理券を取り、順番が来たら電話が来るように設定する。2回目からはスマホから整理券をゲットできるQRコードが整理券についてきます。

・最寄り駅からコンビニはない(あると思うが道すがら見つからない。)・正直チケットを買わなくても十分楽しめる。チケット不要のお土産エリアでもショーはやります。2回目はあまり行かないかもしれませんが、子供がとても喜ぶので1度でも足を運びたい!という方は、子供の体のためにも自分の精神面のためにもぜひ上記ご参考に準備くださいませ!

アンパンマンはみんなのヒーローでした

映画もしかり、アンパンマンはすごくピュアな子どもたちにすっと入ってくる、シンプルで優しいヒーローですよね。皮肉めいたことを言わないし、悪い冗談も言わないし。すごく素敵な理由で戦ってくれて、かっこいい。ぴこちゃんにとっては言葉に詰まった時でも間が悪い時でも叫びたくなるほど大好きなアンパンマンですが、ママにとっても心をきれいにしてくれるスーパーヒーロー、スーパースター、ベビーシッターでした。そして、妹よ、本当に本当にお盆の混雑を感じさせないくらい楽しくピコちゃんと遊んでくれて、とっても楽しかったし疲れなかったし助かりました!ありがとう!

それでは明日も元気百倍!

Ciao Ciao~!

YU